PSP xvi

PSPプログラミングを教えるブログ(本気で頑張る人アクセス大歓迎サイト)

PSP-X.gif

記事の間違いを報告  新アップローダー
記事修正情報 PSPプログラミング資料 自作ゲーム PSP用エミュレータ リンク

公認リンク
公式PSP専科 公式PSVita専科 はじめるPSPSDK PSP EXEC GAME M@STER PSP 猫山のYouTubeチャンネル

TAG
全記事にタグをつけています  http://nekoyama2gillien.blog36.fc2.com/?tag=タグ
PSP PSPプログラミング DXライブラリPortable OSLib ショートプログラム ハローワールド
PSP自作ゲーム PSP自作ソフト エミュレータ ゲームアーカイブス PSP動画
動画 初音ミク ミクミクダンス MMDドラマ ゲーム 魔法少女まどか☆マギカ 侵略!イカ娘
アイドルマスター

このブログについて

このブログでは、非公式のPSPソフト、いわゆる自作ソフト( PSP Homebrew )を作る事を目的とします。

著作権などの こまかい利用規約については、こちらを開いてお読み下さい

このブログについて知りたい方、初めて来訪された方はこちらを開いてお読みください
お問い合わせは 猫山猫宗(nekomune@gmail.com)までどうぞ


当ブログはリンクフリーです。ブログ名は、アルファベットで「PSP xvi」と書いて『ピーエスピー・エクシビ』とお読みください。
相互リンクを希望されるブログ運営者様は、ココで申請して下さい。


このブログで全記事から探し物の方は、ここをクリックして下さい。
http://nekoyama2gillien.blog36.fc2.com/?all

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

この記事は、バッファド・ファイル入出力で主に使う関数のまとめです。
あまり使わないであろう関数については省いてあります。

全部の関数については、下記のヘッダーファイルを参照してください。
↓↓↓↓↓
C:\pspsdk\psp\sdk\include\libc\stdio.h


・バッファド・ファイル(ストリーム)入出力
  システムバッファを介して1文字単位あるいは1行単位のファイルアクセスを行ないます。
  テキストファイルの処理を行なうのに都合が良い。
  これらの関数が直接、データを 読み/書き するのではなくて、システムが設定したバッファとの間で行なうのです。
  システム・バッファのデータが空になったり、一杯になった時は、システムが自動的に(低水準ファイル入出力関数を用いて)データを 読み/書き します。


FILE *fp
    ↑ この fp は、ファイル・ポインタ変数と呼ばれます。

● fopen (ファイルを開く)
FILE *fopen(const char *PATH, const char *MODE);
  PATH == ファイル名を指すポインタ
  MODE == オープンモード("r" or "w" or "a" or "r+" or "w+" or "a+"
 [機能]
  PATHで示されるファイルを、MODEで示されるモードでファイルを開きます。
 [返り値]
  エラーなら NULL。
  正常に開けたなら、そのファイルへのファイル・ポインタ。

● fclose (ファイルを閉じる)
int fclose(FILE *fp);
  fp == ファイル・ポインタ
 [機能]
  fpで開かれているファイルを閉じます。
 [返り値]
  エラーなら 0以外(-1 みたいです)
  正常に閉じる事ができたら 0

● getc (ファイルからの1文字入力)
int getc(FILE *fp);
  fp == ファイル・ポインタ
 [機能]
  fpで開かれているファイルから1文字読み込み、その文字コードを返します。
 [返り値]
  ファイル・エンド [EOF] なら -1
  正常に読み込めたら その文字のコード

● putc (ファイルへの1文字出力)
int putc(int CH, FILE *fp);
  CH == 出力する文字データ
  fp == ファイル・ポインタ
 [機能]
  fpで開かれているファイルに、文字CHを出力します。
 [返り値]
  エラーなら -1
  正常に出力できたら その文字のコード

● fgets (ファイルからの1行入力)
char *fgets(char *BUFF, int SIZE, FILE *fp);
  BUFF == 文字列バッファへのポインタ
  SIZE == 読み込む最大文字数(単位はバイト)
  fp == ファイル・ポインタ
 [機能]
  fpで開かれているファイルから、バッファBUFFに1行読み込みします。
  1行の終わりは 1バイトデータ '0x0a' コードで判定されます。C++では "\n"文字
  読み出した1行の終わりには、1バイトデータ '0x00' が付け加えられます。
 [返り値]
  エラーなら NULL(0)
  正常に行なわれたらBUFFへのポインタ

● fputs (ファイルへの1行出力)
int fputs(const char *BUFF, FILE *fp);
  BUFF == 文字列バッファへのポインタ
  fp == ファイル・ポインタ
 [機能]
  バッファBUFFの文字列(終了コードは '0x00' )を、fpで開かれているファイルに書き込みします。
  '\n' は、LF( 0x0a )に変換されて出力されます。
 [返り値]
  エラーなら -1
  正常に出力できたら 最後に出力した文字のコード(大抵、0x00000000 みたいです。NULL文字)

● fscanf (書式付きファイル入力)
int fscanf(FILE *fp, const char *format, void *arg1, void *arg2, ...)
  fp == ファイル・ポインタ
  format == 書式制御文字列
  arg1,arg2,... == 引数、もしくはポインタ
 [機能]
  fpで開かれているファイルから、書式formatに従い、引数 arg1,arg2,...にデータを入力します。
  書式制御の部分(方法)は、scanf と同じ。
 [返り値]
  ファイル・エンド、もしくはエラーなら -1
  正常に出力できたら 入力できた項目数

● fprintf (書式付きファイル出力)
int fprintf(FILE *fp, const char *format[,arg1,arg2, ...])
  fp == ファイル・ポインタ
  format == 書式制御文字列
  arg1,arg2,... == 引数
 [機能]
  fpで開かれているファイルに書式formatに従い、引数 arg1,arg2,...のデータを出力します。
  書式制御の部分(方法)は、printfと同じ。
 [返り値]
  エラーなら、負の値(-1 みたいです)。
  正常に出力できたら 出力したバイト数。

● fseek (ファイル読み書き位置の移動)
int fseek(FILE *fp, long POS, int MODE);
  fp == ファイル・ポインタ
  POS == 移動量
  MODE == 移動の基点モード(SET、CUR、END)
 [機能]
  fpで開かれているファイルからの読み書きをする現在位置を、任意位置へ移動します。
  MODE ─┬ SEEK_SET ファイルの先頭から
         ├ SEEK_CUR ファイルの現在位置から
         └ SEEK_END ファイルの終わりから
 [返り値]
  エラーなら 0以外
  正常に移動できたら NULL(0)




もう一度書きますが、バッファド・ファイル入出力の関数 全部については、下記のヘッダーファイルを参照してください。
↓↓↓↓↓
C:\pspsdk\psp\sdk\include\libc\stdio.h


【 関連記事 】
PSPプログラミング ファイル入出力関数についての講釈
PSPプログラミング fopen( ); のファイル・オープンモードのレポート
PSPプログラミング ファイル入出力関数まとめ
PSPプログラミング バッファド・ファイル入出力のまとめ(抜粋)
PSPプログラミング 低水準ファイル入出力のまとめ(抜粋)

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://nekoyama2gillien.blog36.fc2.com/tb.php/170-05b91779
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top


h o m e |


 

2017-08